ちょっとおかしなツインレイ

ツインレイ体験を通して自分自身を成長させていくブログ

ツインレイ*毒親はどうして毒親になったのか?



ツインレイは「毒親」と呼ばれるような母親に育てられた人が多いように感じます。

それもツインレイの試練なのかもしれないけど、毒親との関係は簡単には改善できないし、精神的にもツライ年月が長く続きますよね。

わたし自身も、ツインレイと出会うだいぶ前に生きるのをやめようかと真剣に考えたことがあるくらいツライ経験を乗り越えました。

母親は今でもたまに毒親の片鱗を見せることはあるけれど、昔と比べたらかなりマシになっています。

当たり前だけど毒親も人間なんですよね。

産まれたばかりの赤ちゃんの頃から毒親だったわけじゃなくて、育っていく過程で何かがねじまがってしまい、自分の子どもに異常な接し方をするようになってしまった。

「どうしてなのか?」と深く考えたことはありますか?

母親も自分の両親(わたしから見るとおじいちゃん・おばあちゃん)の影響を受けて育っています。どんな環境で、どんなしつけを受けて、どんな言葉を投げかけられながら育ったんだろう?と考えてみてください。

愛されて伸び伸びと肯定されて育ったなら、毒親にはなっていないはず。必ず何か原因があるはずなんですよね。

寂しい思いや悲しい思い、ツライ経験をして、それをきちんと乗り越えられていないから毒親になる。大人として、母親として、精神的に成長しきれていない部分があるはずです。

親の世代だと兄弟が多い家庭も多かったから、両親からの愛情を十分に受けていない可能性もあります。お兄ちゃんやお姉ちゃんのように可愛がってもらえなかったという経験があるかもしれません。

自分が愛されて育っていないから、自分の子どもを正しく愛して育てる方法がわからない。

ツインレイに出会うのは40代前後が多いと言われてるので、親の世代は60〜70代くらい。インターネットなんてないし、みんながどんな風に子育てをしているか知る方法もない。情報がないから何が正しいかもわからず、自分の母親がしてくれたように育てる。

親世代なら20代前半の若い時に子どもを産んでる人も多い。自分がまだ未熟なのに、情報もない、ネットもメールもない、相談できるのは家族や友達など限られた人だけ。

想像してみてください。

インターネットがない時代に、20代前半の若さで子育てするってめちゃくちゃ不安じゃないですか?

わたしは自分がその立場になった時に、正しく子どもを育てられる自信はありません。

もし夜中に赤ちゃんが泣いて泣きやまなかったら?ただの夜泣きかもしれないけど、どこか痛いのか?具合が悪いのか?不安になりますよね。

でもネットもSNSもないから情報が得られないし、夜中に電話対応してくれるような機関もない。

母親の世代は、自分自身も若くて未熟な中、不安をいっぱい抱えて子育てしています。

もっと前の世代なら3世代とか大家族で暮らしている家庭も多かったから誰かが助言してくれたでしょう。親の時代に核家族化が進んで親兄弟と離れて住むようになった。

子育てするには1番過酷な時代だったと思います。身内にもネット上にも簡単に相談できる環境がない。

親自身が、安心して子育てできる環境じゃなかった。

それを考えた時に、わたしは母親に感謝する気持ちが少し生まれました。やり方は間違っていたけれど、母親は一生懸命だった。正しい子育てが本当にわからなかっただけ。

あなたのことが嫌いだったわけじゃないし、可愛くなかったわけじゃない。

愛し方がわからなかった。不安でいっぱいだった。

これを理解した上で、いま現在の問題点は「子離れできていない」「子どもに依存したまま」の母親だってこと。「不安」が払拭されていなかったり、「不安」を自覚できていなかったり。

ただただ必死で子育てをしてきて、自分と冷静に向き合う機会も時間もなかった。

今みたいに便利な時代でもないから、毎日の家事をこなしながら子育てしているとあっという間に時間が過ぎてしまう。

現代の自分の価値観で考えるのではなく、母親が生きてきた時代の価値観や母親が若い頃に抱えていた気持ちを理解しようとしたことはありますか?

ツインレイは産まれてくる前に、この人生をツインレイとして生きることが決まっていた。そうだとしたら、母親は試練として悪役を演じてくれている存在だという可能性がありますよね。

ツインレイに出会ってサイレント期間に入ったのなら、この試練を乗り越える必要があります。乗り越えるためには、まず相手のこと徹底的に知ることが近道。相手を知らずに戦うことはできませんよね。

スポーツでも、対戦相手のことはとことん調べます。相手の得意なことや苦手なこと、クセや思考などを読み解いてどう戦ったら勝てるのか試行錯誤します。

相手を変えようとしてもうまくいかないことがほとんどです。自分がどう対戦するのか考えないと勝てません。

毒親」というレッテルを貼ってしまわずに、ひとりの人間として相手を見て、どんな人間かを知る努力をすることが大切です。

どんな子ども時代を過ごして、どんな価値観で育って、どんな考え方をする人間なのか。主観的に見ると自分の感情が揺さぶられてしまうので、冷静に客観的に「他人ごと」として見るのがおすすめ。

自分の母親としてじゃなく、他人の母親として分析してみる。自分が被害者にならずに、カウンセラーになったつもりで他人の問題として考えてみましょう。

問題点がわかったところで簡単に許すことはできないと思います。わたしもそうでした。自分が受けた心の傷が消えてなくなるわけじゃないから。

でも、時間をかけて考えて考えて考え続けることで理解できるようになる部分が必ずあると思います。

いつか感謝できるようになる日がきます。

情報が簡単に手に入らない時代に20代の若い女の子が不安を胸いっぱいに抱えながら必死に子育てしてたんです。

その結果がどうであれ、それは事実です。

毒親になってしまったのは「結果」の話。

結果に至るまでの背景を考えることで見えてくるものがあるはず。

わたしは今では母親に感謝しているし、母親の心の中に根深く残っている不安や傷を取り除いてあげたいと思っています。

過去の不安やトラウマにとらわれずに、しあわせな人生を送ってほしいと本気で願っています。

少しでも母親の魂のレベルが上がって精神的に成長してこの人生を終えられるように、自分にできることはすべてしてあげたい。

もちろん母親も意志を持った人間だから、なかなかわたしが思うようにスムーズには進んでいかないけど、これからも努力はしていくつもり。

いつか母の人生が終わるとき、「この子の母親になれてよかった」と思ってもらえるように。

 

cocorono.hatenadiary.jp

cocorono.hatenadiary.jp


cocorono.hatenadiary.jp

cocorono.hatenadiary.jp

 

ツインレイ*ランナーが夢に出てきた話

サイレント期間に入ってからは(記憶にある限り)1度も彼の夢を見たことはなかったんだけど、つい最近夢に登場してきた。

なんか話してたけど起きたら内容を覚えていなくて。

あまりにもランナーを忘れて毎日楽しく暮らしているから出てきたのかな。

わたしは最初からネットのツインレイ情報をすべて鵜呑みにして信じているわけじゃなくて、だからこそ自分なりに色々調べて勉強してきたつもり。

でもここまで進んできた道を考えてみると、サイレント期間の流れがほとんど当てはまってる。ネットの情報も人によって書いている内容が微妙に違ったりはするけど、個人差の部分を抜きにして大きな流れだけを見ると合っている部分も多いのかも。

自分と向き合って弱い部分や足りないところを克服して、人生をかけて取り組める使命を見つけて、気がつけばツインレイの彼はもちろんツインレイの概念すら手放してた。

サイレント期間に入ったばかりの頃は「ツインレイの概念を手放すってどういうこと?出会っちゃったのにそれはさすがにムリでしょ!?」と思ってたはずなんだけど......

毎日楽しくてやることがたくさんあって、周りの人にも恵まれて、生きていること自体がしあわせで、そんな風に暮らしているとツインレイの彼のことを考える時間がどんどん減ってた。

というか、ほとんど考えていないかも。

何か転機があったときに「これってツインレイの試練か?」と思い出して調べたりするくらいで、普段はまったく気にしてない。

ここ最近は、近いうちに再会するだろうなっていう予感というか確信みたいなものがずっとあるんだけど、正直「もうちょっと後でもいいんだけど...」と思ってるくらい。

サイレントが開ける前兆みたいなことがたくさん起こるんだけど、「1人でいられるのはあと少しなんだなぁ」と思うと、ちょっと残念な気もちもあって。

サイレントに入ったときは「どうしたら早く再会して統合できるのか」と思って試練を頑張ってたはずなのに不思議。

絶対許せないと思ってた時期もあったし、いろんな試練や感情を乗り越えて、いま感じてる気持ちはしあわせだけ。生きていることがしあわせで、わたしに関わってくれたすべての人に出会えたことがしあわせで、とにかくしあわせな気持ちしかない。

もちろん一時的にイラっとするような出来事や悲しい出来事も現在進行形で起きてるんだけど、それでもしあわせだって言い切れる。

ツインレイとしては再会してからがスタートだし、2人で乗り越える試練もこれからたくさん起こるんだろうけど、それも楽しんで取り組めるくらいに心がしあわせで包まれるようになった。

やっと会えるという気持ちよりは、これからいよいよ始まるんだっていう感情が強いかも。魂はワクワクしてるんだけど、自分自身はちょっと気合を入れないとって構えている感じ。

今よりもっとしあわせな未来に向かって楽しみながら歩いていけるように、今持ってる自分の軸を見失わないで生きていこう。

もしもサイレント期間が明けて再会するとしたら、サイレント期間の感想は「あ〜面白かった!」だと思う。すでに半分くらいそう思ってるけど、再会しないことにはツインレイじゃない可能性もまだ残ってるから。

人生ってなんて面白いんだろう。

狭い視野で自己中心的に考えると「わたしはこんなにツライ思いをしてるのに!」って悲劇のヒロインになりがちだけど、視野を広げて魂レベルで考えられるようになると「こんな面白いことはない!」って思う。

つい先日、職場がひどい環境だって記事をアップしたばかりだけど、もうそれすら面白くなってきてる。一時的にイラっとすることは相変わらずあるんだけど、引きずらないしストレスにならない。

どうせ生きるなら楽しくて面白い人生がいい。

おばあちゃんになって振り返ったときにネタがたくさんあるような人生を送りたい。

cocorono.hatenadiary.jp

cocorono.hatenadiary.jp

cocorono.hatenadiary.jp

cocorono.hatenadiary.jp

 

ツインレイ*やりたいことが見つからないときの対処法

チェイサーとしての自分の使命ってなんだろう......と悩んでいませんか?

チェイサーはサイレント期間に自分の使命を見つけると言われていますよね。

でも自分の使命ってなかなか見つからないものだと思います。普通に生きてたって転職を見つけるのは難しいのに、ツインレイで取り組むべき光の使命とか言われても最初はピンとこなくて当たり前ですよね。

一生懸命探したからって見つかるわけじゃないし、人に聞いても見つからない。自分とひたすら向き合って、過去のトラウマを乗り越え、使命を探しているチェイサーの方も多いはず。

何をすればいいかまったく思いつかない!という場合は、とりあえず色々なことにチャレンジしてみるのもオススメ。

「あなたの1番好きな食べ物はなんですか?」という質問に答えるには、たくさんの種類の食べ物を食べた経験がないと正確に答えることはできませんよね。

いろいろ経験したからこそ、その中で何が自分の好みに1番合っているかを判断できる。

子どもの頃はハンバーグやカレーが好きでも、大人になったらビールやパクチーが好きになることもあります。

経験したことがなければ、何に関わる仕事が使命なのか気づくことができません。聞いたことがあるとか、調べて知ってるとかのレベルではなく、自分が経験することが大切。

誰かがやっている使命が自分に合うかどうかも、実際に自分がやってみないとわからない。

食べたことがないものは、食べてみないと自分の口に合うかわかりません。いくら人気で流行っていても、「食べる」という経験をするまでは好きかどうかの判断はできませんよね。

わたしもサイレント期間中にさまざまな仕事を経験しました。フリーランスになったので自分で自由に仕事を選べるようになったのも大きかったです。興味があることや直感で「これだ!」と感じた仕事はすべて経験するようにしていました。

いろんな仕事に挑戦してみた結果、今は本当にやりたいと思える仕事をしています。子どもの頃から好きだったことの延長なので、働いているというよりは社会人としての責任感を持ったうえで真剣に遊んでるって感覚が近いかも。

めちゃくちゃ勉強してるし努力もしてるけど、好きなジャンルについての勉強や努力だから苦じゃないし、自分が好きな業界で成長していけることも楽しい。

でも焦る必要はなくて、時間やタイミングも大切なんだと思ってる。段階を踏んで、自分が精神的に成長したタイミングでちゃんと使命が見つかるようになってたから。

もし今まだ使命が見つからなくて、やりたいこともわからない状態なら、色々なことをたくさん経験しておくといいかも。その中から使命へのヒントや近道が見つかるかもしれないし、そうじゃなくても自分の経験値が上がることは間違いないから。

使命は、今までの自分の経験値すべてを使える仕事だと思う。ムダなことはひとつもない。特にサイレント期間に起こることや関わることは、統合に必要なツインレイプログラムの一部なはず。

自分にはムリかもとか、やったことないから自信がないとかの理由で逃げずに、チャンスが来たときはなんでも挑戦してみるのがいいと思う。

仕事で失敗するくらいは大丈夫!日本ではクビになるなんてことはめったにないし、失敗したからって命が取られるわけでもない。

あまり深刻に考えすぎずに、チャンスに思い切って飛び込んでみると新しい世界が見えてくる。新しい人間関係も広がっていく。

すべては自分が勇気を出すことから始まる。

現状を変えたいとか環境を変えたいと思っているなら、不安や恐怖に負けずにチャレンジしてみて!

cocorono.hatenadiary.jp

cocorono.hatenadiary.jp

cocorono.hatenadiary.jp

cocorono.hatenadiary.jp

 

ツインレイ*苦しい時ほど感謝の気持ちを大切にしよう!

サイレント期間初期は苦しくてつらいことがたくさん起こりますよね。

諦めたくなったり自暴自棄になったり、逃げたくなることも何度もあると思います。

そういうネガティブな感情から抜け出すためには【感謝】の気持ちをもつことが大切。

感謝なんてできないよ!と思うかもしれないけど、感謝の対象は何でもいいんです。ごはんを食べれたこと、あたたかい部屋で眠れること、お風呂にゆっくり浸かれること、今日も命があって生きていられること。

心が落ち込んでいたりトゲトゲしている時って、当たり前のことに感謝できなくなっちゃうんですよね。

でもそれって順番が逆で、感謝の気持ちを忘れてるから心がトゲトゲしてるんです。

「イヤなことがあったから感謝の気持ちなんて持てない!」と感じるときは、「あ、順番が逆だな...感謝してないからイヤな気持ちが消えないんだ」と思ってみてください。

何をするときも、何が起こっても、感謝の気持ちを忘れないようにする。

簡単なようで難しいんだけど、人間の思考回路にはクセが出るので、いつもいつも感謝するようにしていると自然と感謝ができるようになってきます。

コンビニで買い物をしたときに店員さんに「ありがとうございます」と感謝を伝えていますか?お金を払って商品を買ってるんだからお礼を言う必要なんてないと思う人もいるかもしれないけど、そういう考えだと自分のエネルギーが下がります。

サイレント期間は浄化の期間でもあるので、自分の精神レベルをどんどん上げていく必要があります。人に何かをしてもらってお礼も言えない人って、精神レベルが高いか低いかで考えると低いですよね。

わたしたちがコンビニで便利に商品を買えるのは、コンビニを経営する人がいてくれて、人を雇って商品を仕入れて店内に並べてくれて、お会計をしてくれるスタッフの方がいてくれるからです。さらにその商品を製造してくれる人や運搬してくれる人なんかも関わっています。

ジュース1本を手に入れるだけでも、たくさんの人が関わってくれているんですよね。

本来ならそのすべての人にお礼を伝えるべきかもしれないけど、それは現実的に不可能なので、代表して最後にお会計してくれたスタッフの方にお礼を伝えます。

電気が使えるのも水道が使えるのもスマホが使えるのも、あたりまえのことじゃない。たくさんの人が働いてくれているおかげです。

そういう感謝の気持ちを忘れていると、小さなことに気持ちが乱されたりイライラしたりしちゃいます。

何かや誰かに感謝してる時って心があたたかくなりませんか?

「ありがたいな〜」って思うと自分が恵まれた環境にいることを実感できるし、感謝して心がトゲトゲすることはないと思います。

他にも、自分の心がスッキリすることを見つけるのもおすすめ。

わたしはものすごく面倒くさがりなんだけど、掃除をして後悔したことはないし、お風呂に入って後悔したことは人生で1度もなくて。「掃除しなきゃよかった〜散らかったままの方がよかったのに」とか「お風呂入らなきゃよかった〜」って後悔したことはないんですよね。

そういう「人生でこれをして後悔したことはない行動リスト」を作ると、自分の心を自分でスッキリさせることもできます。

イライラしてるときに掃除なんかしたくない!って思うんだけど、それも感謝と同じで順番が逆なことが多い。掃除して部屋も気持ちがスッキリしたらイライラもおさまってることが多いし、イライラしてる時ってだいたい部屋が片付いていない。

心が苦しかったりトゲトゲしているときは、苦しさをムリやり取りのぞこうとするんじゃなくて、「これをしたら心があたたかくなる!」っていう行動を取るようにしてみるといいかも。

「イヤなことがあったら、優しかったおじいちゃんのことを思い出す」みたいに、心をあたためてみて。心が冷え切ってトゲトゲしてるんだなって自覚できると、自分で対処できるようになるから。

サイレント期間はツインレイとの問題だけじゃなく、家族関係とか職場の人間関係とかいろいろな問題が発生するけど、大事なのは自分の心がどういう状態にあるかだと思う。

ポジティブでもネガティブでもなくフラットで優しくあたたかい状態を保てるように。

そんなのムリー!って思うこともたくさん起こるけど、慣れてくるとだんだん問題を客観的に見られるようになってくるしネガティブな状態からフラットな状態に素早く戻ってこられるようになる。

だんだんサイレント期間の課題や試練をゲームみたいに楽しめるようになってくるし、気持ちの切り替えも速くなるから、自分の心を温める方法を早めに見つけておくのはかなりおすすめ。

方法は「感謝」だけじゃなく人それぞれ自分に合ったやり方があると思うから、いろいろ試して探してみるのもいいかも。

 

cocorono.hatenadiary.jp

cocorono.hatenadiary.jp

cocorono.hatenadiary.jp

cocorono.hatenadiary.jp

 

ツインレイ*これって統合前の闇の試練?

サイレント期間に入ってから数年たち、やりたい仕事をしながら自分の人生の道を楽しんでいてツインレイのこともどうでもよくなっていたんだけど......

新たに別の仕事をすることになった職場の環境がビックリするほど最悪!笑

自分の心の段階が上がるごとに周りの人間関係が良い方に変わり、ここ6〜7年くらいに出会った人の中ではツインレイの彼が断トツで最低な男だった。

自分がレベルアップすると周りにもレベルアップした人たちが集まってくるので、しばらく人の悪口やネガティブな発言をするような人とはまったく縁がなかった。仕事でもプライベートでもイヤな人と関わることすらなくて。

それが突然一気にやってきた。

人を見下すような態度、自分のことを棚に上げて人を馬鹿にするような発言をする人、相手を試すようなものの言い方をする人、カゲで悪口を言うような人、嫌味、マウント。上げればキリがないほど最悪な人たちの集まり。

こんな職場が今の時代に存在するんだ......と思うようなセクハラ・モラハラパワハラの嵐。本人たちはそれが時代遅れで、現代なら訴えられるような言動だってことにすら気づいていない様子。

ここ数ヶ月はツインレイのことについて調べたり意識したりせずに普通に過ごしてたんだけど、さすがにこれはおかしいと思って調べてみた。

統合前には闇の試練があるっていうのはサイレント初期にいろいろ調べているときに見聞きしてたんだけど、わたしが過去に調べた情報の中では「別の女性が現れて〜」とか、嫉妬とか執着心を試されるようなことが多いイメージだった。

いま改めて調べてみると、環境の変化や人間関係、職場のトラブルとかも起こることがあるらしい。これが統合前の試練なのか、まだわたし自信の課題が残っていて現れてきたのかは今の段階ではわからないけど。

いま関わってる職場は、少なくとも社会人になって働いてきた職場環境の中ではどこよりも最低だ。かなり仕事に厳しい職場も陰口や噂話をするような職場も経験しているんだけど、比べものにならないほどヒドイ。

もしこれが試練だとしたら、どうやって乗り越えよう......

心を無にするか......

言葉を選んで指摘したほうがいいのか......

クリアする方法はひとつじゃないかもしれないけど、対応にかなり迷う。

まともに相手のエネルギーを受け取っていたら、こっちが闇に落ちてしまいそうな感じ。毎日イライラさせられるし、人を馬鹿にするような発言には3倍にして言い返したくなっちゃう。

悪いエネルギーやネガティブな影響を受け取らないようにすればいいのかな。

自分が常に光の状態でいられるように、誰に対しても愛をもって接することができるようにできればベストなんだろうけど、今は「あの人たちに愛とかムリ!」な現状なので......

ひとまずは何が起きてもフラットな心の状態を保てるように、自分がネガティブな方に揺らがないように努力してみようと思う。

今まで生きてきて出会った人の中でツインレイの彼の言動が最低だったけど、それが更新された感じ。

他に考えられる理由として、この仕事がすごくやりたい仕事だから本気度を試されてる?とか、新しい仕事を始めたけどこっちの道には進まないほうがいいからストップかかってる?とかもあり得そうで判断に迷ってる部分もある。

直感ではこのまま進んでいい気がするし、仕事の内容は自分の理想通り、今まで経験してきたことがすべて活かせるような仕事。問題なのは人間関係だけ。

答えはわからないし、これが闇の試練だろうが単なる課題だろうが、クリアしないとこの状況が長々と続くだけなのは宇宙の仕組み的に間違いなさそうだから早めに抜け出そう。それしかない。

この文章を書きながら考えが整理できて、ちょっと客観的に見れるようになった気がする。

自分が成長するチャンスだと思って、心を落ち着けて取り組んでみようと思う。

 

cocorono.hatenadiary.jp

cocorono.hatenadiary.jp

cocorono.hatenadiary.jp

cocorono.hatenadiary.jp

 

 

 

 

ツインレイ*いま目の前にある課題に取り組めばいい

ツインレイに出会うと、強制的に流されるようにサイレント期間に入る方がほとんどですよね。

何が何だかわからないうちにいろんな出来事が立て続けに起こり......

わたしも試練が数年続いていますが、結局は目の前にある問題に取り組み続けていればいいんじゃないかと思っています。

越えても越えても試練は続くけど、それって逆に考えると「乗り越えるべきことが常に目の前で起こる」ってこと。

自分で試練を探しに行く必要もなく、見つける必要もなく、自動的に試練がやってきてくれる。

最近は「これってむしろラッキーなんじゃないか?」とさえ思えてきました。

順番に自動的に向こうからやってきてくれるんだから、その試練が目の前に来たときに越えればいいんですよね。

遠くにある試練に向かっていって越えなきゃいけないわけじゃなくて、ちゃんとこっちにやってきてくれる。

サイレント期間に入ったばっかりのころは、遠くにある試練までも越えようと努力していた気がします。その努力がムダになるわけじゃないけど、今振り返って考えてみるとそこまで無理する必要はなかったのかもと思います。

いま目の前にある問題から逃げずに、きちんと向き合って乗り越えればいいだけ。

どうしたらサイレント期間を早く終わらせられるか?とか考えて積極的に行動していたときは、一見前に向かっているようだけどスムーズに進めていなかったのかも。

何もかもすべてを宇宙に任せてしまって、自分は目の前にある試練だけに集中して取り組む。そのほうがよっぽどスムーズに進んでる気がする。

なんとなく「これでいいんだな......」と思えるし、この道を進んでいけば必ず再会するっていう確信も持てる。

自分だけ急いで進もうとするのは宇宙の意志にもツインレイの道にも反しているのかも。

小さな試練は常にあるけど、我慢したりムリしたりはしない。

人間は、精神的には死ぬまで成長できるし「これでいい」ってことはたぶん一生ないと思う。

ツインレイがどうこうの前に、ひとりの人間として自分の人生をどう歩んでいくのか?どう成長していくのか?という課題がある。

ツインレイの問題だけに取り組んでいればいいわけじゃないし、毎日の生活のことも考えなきゃいけない。家族とか友達とか、自分のまわりで問題が起こることだってたくさんある。

そういう課題とか試練を1番スムーズに越えていく方法が、「目の前にあることに取り組む」ことだと今は感じています。

わたしは昔から目の前の課題から逃げずに乗り越えたい負けず嫌いタイプだったけど、ツインレイと出会ってサイレント期間に入り【試練を先取りしようとしていた】ことが多かった。

ネットでいろいろな情報を調べて、まだ自分の目の前に起こってすらいない課題に勝手に取り組んでいた。

自分自身の視野が広がったり、問題を解決する力がついたりするので悪いことではないんだけど、目の前にある課題に全力を出したほうが絶対に効率がいい。

宇宙が「今あなたはこの課題に取り組んでくださいね」と親切に教えてくれているのに、他の課題にまで手を出してしまうとエネルギーが分散してしまうから。

ひとつづつ、真剣に、時間をかけて取り組んでいると、自然と道は開けて前に進めるようになっている。

進んでいないように感じることがあっても大丈夫。

焦らずに、「自分の今の課題は何なのか?」を考えて感じ取り、必死に向き合っていれば必ず乗り越えられる。

わたしは、今はあまり先のことを考えすぎないようにしている。

何かイヤな思いをしたり、イラッとするような出来事が起きたときに「これが今の課題だな」と思って取り組んでいく。課題をクリアすると、自分の周りの環境が変わりその問題から解放される。

これはツインレイと出会う前から実感していたことで、例えば職場にイヤな上司がいたとして、自分が「あの人イヤだ!ムカつく!」と思っている間は問題は解決しない。

でも、相手の立場や相手の思考を感じて「あの人はこういう価値観の中で育ってきたからこんな言動をするんだな」と理解し、自分の中のイライラがおさまる頃にはイヤな上司が異動や退職をするということを何度も経験した。

相手の性格が悪いとか相手に問題があると考えている間は解決しないし、一瞬解決したように思えても相手を変えて同じ状況が起こったりする。

「やっと解決したと思ったのにまた同じ状況!!」とイライラも倍増......ということも過去にはあった。

同じことが2回起こったときは必ずそれが今のあなたの「課題」のはず。

自分や相手視点ではなく、宇宙視点で考えてみるとイライラすることも減るし、最短距離で問題を解決できる。

学生時代の学校の課題に取り組むような感覚で考えると少し気持ちがラクかもしれない。課題の内容に対してイライラしても仕方ないし、その課題をクリアしない限り似たような類題を何度も出されることになる。さっさとクリアして終わらせちゃったほうがいい。

疲れたときは落ち込んでも休んでもいいけど、逃げてしまうとまた同じ課題が別のところからやってくるから。

越えるべき課題は必ず「いまあなたの目の前に」ある。

そこから目をそらさずに、別の課題に気を取られずに、人と比べずに、真っ直ぐに進んでいくのがベスト。

「課題は向こうから勝手にやってきてくれる」とラクに構えて、毎日を楽しく気分よく過ごすよう心がけていれば大丈夫。

わたしたちはみんな宇宙に守られているし、目の前で起こることはすべて自分の人生に必要なこと。

 

cocorono.hatenadiary.jp

cocorono.hatenadiary.jp

cocorono.hatenadiary.jp

cocorono.hatenadiary.jp

ツインレイ*結婚するのかしないのか?

ツインレイとは結婚できるのか?

多くのチェイサーが気になっていることなんだと思う。

わたしの感覚では、きっといつか結婚することになるんだろうな…という軽い気もち。

いつでもいいというか、来年でもいいし20年後でもいいみたいな。

ただ、いつかは必ずするという「確信」みたいなものはある。確実に決まっているような感覚で、イヤでも逃げられないんだろうなと 笑

サイレント期間に入ったころはそんなふうに思ってなかった。

あんな最低な男とは絶対結婚したくないと思ってたし、なんとか運命から逃げようとした。

いろんな課題を超えて、手放しがすすんでいくうちに考えがコロコロ変わったし、これからもきっと変わるんだろうな。

そしてそれを待つ必要もなく、わたしはわたしの人生を楽しく生きていくだけ。

素敵な男性があらわれたら、お付き合いしてもいいし結婚してもいいと思ってる。

 

サイレント期間に「この人とは縁がありそう」と感じる男性と何人か出会った。

別の男性と付き合っているときにツインレイの彼と再会したら?と思って踏み出せなかったこともある。お別れすることになったら傷つけてしまうから。

今は縁がある人とはお付き合いしようと思っているし、もしお別れすることになってもそれはお互いに学びが終わったときに訪れるはず。

一方的に相手を傷つけるわけじゃなく、相手もわたしから何かを学んでいくはずだから。

サイレント期間中は「待つ」ことが必要な時期と、進むことが大事な時期をくり返す。

進みたいと直感で感じたときは、ツインレイ彼のことは考えず素直に進んだほうがよさそう。

 

先日出会った男性は、めちゃくちゃ縁があってお世話になっている人からの紹介だった。

「これは絶対なにか意味がある出会いでしょ」と思うので素直に行動してる。

デートに誘われたら予定がない限り行く。

恋愛としてうまくいくのかどうかは別として、「必ず意味がある」と思える出会いだった。

素敵な男性に出会うチャンスがあるなら、飛び込んでみていいと思う。

ツインレイストーリーの中にムダなことはたぶんひとつもないから。

直感を信じて、宇宙を信じてまっすぐ進んでみる。

自分や相手が傷つくような出来事がおこったとしても、それすらも「ベストなタイミングで予定通り」なんだと思う。

自分が心から楽しいと思えるか、心からしあわせだと感じられるか。

自分を大切にしているか。

その判断基準だけまちがわなければたぶん大丈夫。

 

cocorono.hatenadiary.jp

cocorono.hatenadiary.jp

cocorono.hatenadiary.jp

cocorono.hatenadiary.jp

 

 

 

 

 

 

ツインレイ*生きることすべてが楽しくなってくる

最近ふと「なんかもう生きてるだけですべて楽しい!」と感じた。

ツインレイと出会ったころやサイレント期間に入ったばかりのころはいろいろな情報に振りまわされて「正解」を探してしまっていた。

サイレント中期には使命探しやチェイサーの課題に追われていた。

不安とまではいかなくても「これでいいのか?」「大丈夫なのか?」という気もちが常にあったと思う。

でもツインレイだとか課題とか使命とかそういうのすべて含めて、もう何でもいい!精一杯生きてるだけで楽しいじゃん!と思うようになった。

ツインレイと出会ってしまうと自分の人生の中心がツインレイストーリーになってしまう。

わたしの人生はわたし自身が中心であるべきなのに、ツインレイとしてどうあるべきか?というツインレイ概念が入りこんでくる。

ツインレイとしてこれでいいのか?チェイサーの課題はクリアできているか?

毎日ではないけれど、そんなことを考えながらサイレント期間を過ごしていた。

サイレント中期〜後期にかけては自分の夢や使命のためにすすんでいたけど、どこかで「ツインレイとして」という意識があったと思う。

それがすっかりどうでもよくなったというか......

ツインレイ彼のことだけじゃなく、ツインレイという概念そのものがどうでもよく感じる。

決して悪い意味の「どうでもいい」じゃなくて、楽観的に「すべてはうまくいくからその過程はどうでもいい」という感じ。

サイレント期間の終わりにはツインレイ概念も手放すといわれているけど、こんな感じなんだろうか。

使命に向かっていることとか夢を叶えることももちろん楽しいんだけど、たぶんそれがなくても楽しい。

毎日生きて、呼吸をして、心臓を動かして、この地球に命があることが楽しいという感覚。

人間としてのわたしじゃなくて、魂の感覚なのかな。

きっと魂なら、地球で生きてること自体を楽しんでいるはずだから。

嬉しいことも悲しいことも、しあわせなことも傷ついたことも、肉体をもつ人間として経験するすべてのことを「楽しい」と感じるはず。

窓から空を眺めるだけでも楽しい。

散歩するだけでも楽しい。

家族や友だちと会って話すことなんて最高に楽しい!

生きることの本質は楽しむことなのかもしれない。

だって、赤ちゃんはみんな楽しそうだ。

いろんなものを見て、いろんなことを知って、毎日しあわせそうに生きている。

不幸そうな赤ちゃんは見たことがない。

しあわせに生きているから、赤ちゃんの存在自体がまわりの人をしあわせにできるのかも。

赤ちゃんとか動物ってその存在を見てるだけで癒されるけど、例えば一般的なサラリーマンを見てるだけで癒されるってことはない。

何が違うんだろうってぼんやりした疑問は持っていたけど、自分が生きて存在してること自体を楽しんでいるかどうかなのかな。

楽しそうな人を見ると楽しい気もちになるし、元気な人を見ると元気をもらえるってことはよくある。

グチグチ文句を言っている人やイライラして八つ当たりしている人を見るとイヤな気もちになる。

人間は自分が見ている対象から影響をうけやすい。

心の底から楽しい!生きててしあわせ!って思っている人からはしあわせをもらえるんだろう。

 

今は生きてることがしあわせだと思える。

宇宙を信じてるから、自分の人生はすべてうまくいくと思える。

赤ちゃんのように純粋に「生きる」ということを楽しんでいればいいのかもしれない。

ツインレイに出会うといろんなことをむずかしく考えちゃうけど、悩んで苦しんで考え抜いた先にあるのは「生きる」という本質だけなのかも。

人間はきっと、生きて生きて生きて生きて生きて死ぬために生まれてきてる。

その間にいろんなことが起きるから本質を見失う。

何のために生きているのかと考えてしまうけどそうじゃない。

生きるために生まれてきたんだ。

 

ツインレイに出会っていてもいなくても、人生を生き抜いて楽しむことを忘れちゃダメだ。

1日1日を悔いなく一生懸命生きていけばいい。

「生きる」という圧倒的な人生の目的には、日常で起こるどんなトラブルもかなわない。

苦しいことも悔しいことも、すべてをめいっぱい楽しもう!

 

 

ツインレイの始まりはこちらの記事から。

cocorono.hatenadiary.jp

cocorono.hatenadiary.jp

cocorono.hatenadiary.jp

cocorono.hatenadiary.jp

ツインレイ占い*人気おすすめ5選【無料お試し体験あり】

「サイレント期間がいつ終わるのか知りたい」

「相手がほんとうにツインレイなのか知りたい」

「自分の使命がなんなのか知りたい」

「闇の試練を乗り越えるヒントがほしい」

こんな悩みをもっていませんか?

ツインレイに出会うとわからないことだらけ。情報に振り回されすぎて自分がどうしたらいいのかわからなくなってしまうこともありますよね。

とことん自分で考える...という方法だと、ムダに時間がかかってしまったり遠回りになってしまう可能性も考えられます。(わたしがそうでした...)

そんなときは、当たると評判のプロの占い師さんにサポートしてもらうのがおすすめです。

しっかりと実績があり信頼できる占い師さんなら、無料体験を利用して気軽に少し相談してみるだけでも答えやヒントが見つかることもあります。

悩んでいるくらいなら、プロに相談してみるのもひとつの手段です。

わたしがリサーチして信頼できると感じた無料体験がある占いサイトをランキング形式でご紹介します。

〈第1位〉鑑定歴20年以上のベテラン占い師多数!実績がある占い師にツインレイについて無料相談できる【電話占いヴェルニ】

電話占いヴェルニ

【電話占いヴェルニ】では、以下のリンクから新規登録で4000円分の無料鑑定ができるキャンペーンをおこなっています。(2022/9/10現在 ※キャンペーンは予告なく終了する場合があります)

鑑定歴20年以上、実績2000件以上のプロ占い師が多数在籍!あなたとツインレイに相性ピッタリの占い師が見つかる【電話占いヴェルニ】

【電話占いヴェルニ】では、合格率3%という厳しい採用審査をくぐり抜けた本物の占い師にツインレイ恋愛について占ってもらうことができます。プロの占い師がこっそり相談しに行くほどレベルの高い占い師さんがいると評判です。

占いスキルや的中率はもちろん、お客様への気づかいなど多数の項目をクリアしたプロの占い師が在籍しているので、安心して相談しましょう。

【電話占いヴェルニ】の占術

  • 霊感・霊視占い
  • 透視
  • 守護霊対話
  • 波動修正
  • 遠隔ヒーリング
  • スピリチュアル
  • 霊感タロット占い
  • チャネリング
  • 送念(念を送ることで相手の行動に影響を与えることができる)

それぞれの占術に優れた占い師さんがいらっしゃるので、自分と相性がいい占い師さんが見つかればツインレイの再会や統合へ向けて長く付き合っていけます。

恋愛だけじゃなく家族や仕事のトラブルなど幅広い内容を解決することができるので、ツインレイ統合前の闇の試練で悩んでいる方にもおすすめです。

〈第2位〉24時間いつでもOK!実力派の占い師にツインレイ恋愛の悩みを相談できる【ココナラ電話占い】

電話占い【ココナラ】新規会員登録で3,000円無料クーポンプレゼント中

サイレント期間中は夜中にいろいろと考えて眠れなくなることもありますよね。【ココナラ電話占い】では24時間いつでも相談することができます。

なんとなく不安になってしまったり、ツインレイ彼のことが気になってどうしようもなくなってしまったり...そんなときは1人で抱え込まずに相談してみましょう。寄りそって話をきいてもらうだけでも心がふわっと軽くなることもあります。

ココナラは個人で出品できるサービスなので、実力がある占い師さんが多数登録しています。占いサービスを受けた人の口コミも見られるので安心して申し込むことができます。

実力派の占い師さんにしっかりツインレイについて占ってほしいという方にもおすすめです。

〈第3位〉すべての占い師と5分無料ではなせる!鑑定実績20万人以上で人気上昇中の【電話占いコメット】

すべての電話鑑定を5分無料から!

相性があう占い師をとことん探したいあなたにおすすめ!しっかりとツインレイ問題を解決してくれる占い師を5分無料で探せる【電話占いコメット】

【電話占いコメット】ではすべての占い師さんと初回5分は無料ではなすことができます。占いの的中率も大切ですが、占い師との相性もとても重要なポイントです。相性がよい占い師さんだと、はっきりと言葉で伝えられない気もちをくみ取ってくれるので相談がスムーズにすすみます。

30〜40代の恋愛、不倫、復縁、仕事など人間関係に悩む女性を専門としているので、ツインレイ世代にもぴったり!会員登録、指名料、予約料0円無料で全国からえらばれた占い師さんに相談ができます。

〈第4位〉5分無料で話して試せる人気の本格電話占い【電話占いATLANTIS】

電話占いATLANTIS(公式)占い師も憧れる至福の鑑定サロン

【電話占いATLANTIS】には、20〜50代の恋愛、不倫、復縁を得意とする占い師さんが40名以上いらっしゃいます。

ツインレイの中には自分や相手が結婚しているというパターンも少なくありません。不倫の関係になってしまい悩んでいる方もいると思います。

自分のことだけじゃなく相手の家庭のことも考えて行動しなければサイレント期間をずるずると長引かせるだけになってしまいます。

ベストなタイミングでベストな行動ができるようにするには、相手側の状況を占いで知ることもたいせつですよね。

結果が出るまでとことんサポートしてくれ、幸せにフォーカスしたサービスで満足度97%という人気の電話占いです。

〈第5位〉当たると評判!霊感霊視の電話占い【恋愛応援スペーシア

霊感霊視のエキスパート多数在籍!
電話占い【恋愛応援スペーシア】3回まで無料キャンペーン中!

【恋愛応援スペーシア】には、霊感霊視などスピリチュアル能力を持ち味とした占い師さんがそろっています。

霊感・霊視・霊感タロット・陰陽道など特別な能力を持つ占い師さんが60名以上いらっしゃるので、あなたと相性のいい占い師さんがきっと見つかるはず。

10分無料を3人の先生と1回づつ、合計30分の無料占い体験ができます。

 

すべて無料体験がありツインレイ世代の恋愛占いを得意とする占いサイトです。

ひとりで悩んでどうにもできないときは、解決のヒントを見つけるために占いを利用してみましょう。

無料体験なら利用しても損にはなりません。

少しでもこころの重荷を軽くし、スムーズに自己統合をすすめて最短でサイレント期間が終わるように行動していきましょう。

 

cocorono.hatenadiary.jp

cocorono.hatenadiary.jp

cocorono.hatenadiary.jp

 

ツインレイ*魂が求めていること

ツインレイに関して魂が求めていることって意外と単純なのかも。

相手と一緒にいたい。

ただそれだけのような気がする。

チェイサーの課題とかツインレイの使命とか統合前の試練とか、いろいろ大変なできごとはやってくるけど、結局それって一緒にいるために超える必要があるものだ。

サイレント期間は課題が多すぎて目的と手段が入れ替わってしまう。使命を見つけることがゴールじゃないのに必死に使命を探してしまう。

課題も使命もゴールじゃない。ツインレイの相手と2人で一緒にいられるようになることがゴールだ。2人で使命を果たして世界に光を与えること。

ツライ時期を乗り越えているときは未来が見えなくなってしまうけど、だからこそゴールした後のしあわせな光の世界をイメージすることが大切。しあわせになるために課題に取り組んでいることを忘れないで。それを忘れてしまうとツライだけになってしまうから。

「どうしてわたしだけがこんなにツライ思いをしてるのか」

と感じてしまう時は要注意!視野が狭くなって先がみえなくなっている。未来の光に向かって進んでいることを忘れちゃってる。本当のゴールを見失ってる。

サイレント期間も中盤をすぎるとだいぶラクになってくる。課題や試練は相変わらずやってくるんだけど、落ち着いて冷静に対処できるようになっているし、感情も安定してくる。

ツインレイ彼のことを考えるよりも、自分と宇宙の対話のような感じ。

いま自分にはこの課題が来てるんだな〜とか、この試練を乗りこえればいいんだな〜っていうのがわかるようになってくる。

ツインレイの試練をこえることがゴールじゃないと気づけば、その先の未来をみて進めるようになる。

わたしたちの魂が求めていることって、楽しく毎日すごすこと、いろんなことに挑戦すること、ツインレイの彼と統合して一緒にいることくらいなんじゃないかと思う。

それ以外の出来事はすべて手段であって目的じゃない

人生を勝手にむずかしくしているのはわたしたちで、魂が求めていることはシンプルだ。

ムダなものをそぎ落としてシンプルになっていくことで、本当に求めている願いがわかるようになる。もしかしたらもっとシンプルで「この人生を生きること」だけが本質なのかもしれない。何があっても、どんなことが起きても、ただ生きる。それだけでいいのかも。

魂に従って生きていれば、必要な出来事は向こうからやってくるし、必要な人には出会える。

川の流れに乗るように、ただ毎日楽しんで生きていればいいのかもしれない。

難しく考えすぎてると疲れちゃう。

「ツインレイだから」「サイレント期間だから」

アレをやらなきゃ!コレもやらなきゃ!ってなってしまうけど、「今日の目標 ”生きること”」っていう日があってもいいと思う。むしろ毎日それでもいいんじゃないかと思うくらい思考がシンプルになってきた。

自分ひとりの力でなんとかしようと思うより、宇宙の力でなんとかしてもらったほうがラクだし。

もちろん怠けてダラダラしてていいって意味じゃない。宇宙から与えられた課題は乗りこえなきゃダメだし、自分が心地よくごきげんで暮らすために部屋をキレイにする必要もある。でも魂が望んでいることをするのは苦じゃない。

やみくもに走り回るんじゃなくて、宇宙からやってきた出来事にていねいに対処していく。

出会った人との縁を大切にしていく。

自分のことも大切にする。

ただただ光に向かって生きていく。

きっとツインレイかどうかに関わらず、すべての魂が求めて望んでいることって、この地球で生きることなんだと思う。生きているだけで十分しあわせなんじゃないだろうか。

 

cocorono.hatenadiary.jp

cocorono.hatenadiary.jp

cocorono.hatenadiary.jp