ココロノ

心理学による穏やかな暮らし

子どもの自分と大人の自分

f:id:cocorono_c:20201025105024j:plain

 

こんにちは。

心理カウンセラーのココロノです。

 

大人になってから、子どもの頃の自分を振り返って考えたことはありますか?

 

家族や親戚が集まって昔の思い出話をすることはあっても、自分自身でじっくり振り返る機会はなかなか少ないのではないでしょうか。

 

子どもは素直で好奇心に溢れています。大人になるにつれ規則や常識に縛られて自由な発想や自由な行動ができなくなってきますよね。

子どもの頃に野球選手やバレリーナになりたいと思うのは純粋な憧れからですが、大人になって職業を決める時に重視されるのは収入や安定だったりします。

 

親や学校の先生や周りの意見によって、いつの間にか自分で自分を制限してしまうんです。

社会で生きていくためにある程度は必要なことですが、素直さや純粋さを自分の中から消してしまう必要はありません。

大人になるということは、社会に適応する分別をつけ自己判断ができるようになることですが、子どもの自分を消し去ることはないんです。

 

子どもの自分に大人のカバーをかぶせるようなイメージで、純粋な心はそのまま大切にした方が人生が楽しめます。

大人になってから習い事を始めたり新しい趣味を見つけたりするのにも、子どもの心の好奇心が役立ちます。

 

そして、子どもの頃に好きだったものというのは、常識や環境などに縛られず本当に自分が好きなものである可能性が高いです。

例えば、バレエが好きで習っていたけど進学や経済的な問題でやめてしまったとか、ピアノが好きだったけど親に「ピアニストになんかなれない」と言われてやめてしまったとか。

 

好きだったことを自分の意思でなく中断してしまったという経験は、普段意識することがなくても心の中に残ります。

大学に進学するから仕方ない、就職するから仕方ない、家庭を持ったから仕方ない、と頭で納得させようとしても、心の奥にトゲが刺さったように心残りがあることは多いです。

 

子どもの頃に好きだったものや好きだったことを思い出してみてください。100個くらいノートに書き出してみると小さなことも思い出しやすいです。

憧れだった幼稚園の先生や、好きだったぬいぐるみや、集めていた消しゴムのことなど。

思いつく限り小さなものも書き出していくと、昔から変わらずに今も好きなものがいくつも見つかると思います。反対に昔は好きだったけど今はそうでもないというものもあると思います。

 

子どもの頃から今まで数十年変わらずに好きなものは、今後も変わらない可能性が高いです。

あなたの心が、純粋に好きなものたちです。

そういうものを大切にし、できる範囲で生活の中に取り入れて過ごしてみてください。

絵を描くのが好きだったら100円ショップでスケッチブックを買って絵を描いてみたり、粘土遊びが好きだったなら陶芸の体験教室に行ってみたり。

 

子どもの頃に好きだったものに触れることで、心が喜び元気になります。

大人として365日24時間過ごすとしんどいときもたくさんありますよね。

そういうときは、短時間でいいので大人でいることをやめてみてください。大人をやめる時間を定期的に作るとストレス解消にもなります。

いつも頑張って無理をしている人ほど試してみてほしいです。

 

年齢を重ねたからといって大人というものに「なる」必要はなくて、必要な場面で大人を「演じ」られれば大丈夫です。

素直で純粋な心も大切にしてください。

 

 

 

大人のぬりえ ベルサイユのばら アドバンス編

大人のぬりえ ベルサイユのばら アドバンス編

 
トンボ鉛筆 色鉛筆 NQ 36色 CB-NQ36C

トンボ鉛筆 色鉛筆 NQ 36色 CB-NQ36C

  • メディア: オフィス用品
 

 

親でも他人という意識を持つと こころが自立する

f:id:cocorono_c:20201024082328j:plain

 

こんにちは。

心理カウンセラーのココロノです。

 

親子関係というのはいつの時代も難しいものです。

昔話やおとぎ話でも、すべての親が母性に溢れた優しい人間としては描かれていません。

毒親」といわれる様な母親像が登場することも珍しくありません。

 

なぜ一番身近である親が、悩みの原因になってしまうのか?

一番理解してほしい、一番優しくしてほしいと思っていてもそうなるとは限りません。

親は子どもの理解者として生きているわけではなく、親は親の人生を生きているからです。

親子だからといって一心同体でもなければ、あなたの一部でもありません。

 

元々母性が強く面倒見が良いタイプの方は自然と良い母親になれるかもしれませんが、全ての女性がそうではないですよね。

それでも良い母親になろうと頑張っている方ももちろんたくさんいます。子どもができてから母性が育ったり、子どもと一緒に親も成長したりというパターンもあります。

 

親と言っても一人の人間です。子どもとは異なった人格・性格を持っています。

生きてきた時代も違います。多くの場合あなたより20〜30年ほど前の時代を生きてきているので、時代的な価値観が合わないのは当然です。

子どもがやりたいことに親が反対するのはこの価値観の相違も原因のひとつです。

親は自分たちの経験から反対していることが多いですが、子どもは生きている時代が違います。

 

例えば子どもがYouTuberになりたいと言ったら反対する親もいると思います。

親世代が就職し始めた時代にはYouTuberという職業自体が存在していません。

自分たちの時代に存在していなかった職業に子どもが就くのは、どんな苦労があるか親には想像がつかないので心配してしまいます。

それについて「知らない」「知識がない」というのも反対する理由の一つです。

 

自分が理解できないことをしようとする人がいたら「やめたほうがいい」と言ってしまう人は親以外でも多いです。

起業したい、留学したい、世界一周したいなど相談された時にも、自分の経験や理解の範囲を超えてしまうと、明確な理由もなくただただ反対する人もいます。

 

人間に限らず多くの動物は保守的です。そうでないと命の危険があっても気づけません。

なるべく自分が理解できる範囲内で暮らそうとします。

安全だと知っているところで暮らした方が安心できて命が守られるからです。

これは動物の本能的な部分もあるので、保守的なことが一概に悪いこととは言えません。

人間や動物は安心や安全を求める傾向があるということも知っておきましょう。

 

親には親の経験と理解できる範囲があり、その範囲が子どもと一致することの方が少ないです。

親が子どもの価値観を理解することも、子どもが親の価値観を理解することも難しいんですよね。

お互いに歩み寄って理解しあおうとすることは大切ですが、そもそも別の価値観を持った別の人間であることを忘れてはいけません。

それを忘れてしまうと、どうして理解してくれないんだ!という問題が起きてしまいます。

 

親がどんな人物であったとしても、あなたはあなたの人生を歩むしかありません。

理解してもらえないことがあったとしても、それは当たり前のことです。

何かに反対されてしまっても、本能的に危険を避けようとしている場合もあります。

あなた自身を否定したり不幸にしようという気持ちで言っているのではありません。

もしあなたの意見を尊重して、何でも理解しようと努力してくれる親がいるなら、とても幸運なことです。

 

理解し合えなくても当たり前、価値観が違っても当たり前。

親には親の人生があり、あなたにはあなたの人生がある。

一緒にいる時間は長くても、親子で同じ人生を歩むわけではありません。

 

親から自立するということは、生活を別にして自分で生計を立てることだけではなく、親と別々の人生を進んでいく覚悟を決めることです。

親が理解してくれなくても自分の人生を自分の責任で生きることです。

未来のすべての選択が自分の責任と考えられる様になると、こころも自立し精神が成長します。

精神が成長することで、悩むことが少なくなったり感情のコントロールができるようになったりするので、周りに振り回されず穏やかな気持ちで日々を送れるようになります。

 

 

 

人を許すことがしあわせへの近道

f:id:cocorono_c:20201023104954j:plain

 

こんにちは。

心理カウンセラーのココロノです。

 

過去に関わった誰かのことを恨んだり憎んだりしてしまうことがあります。

相手が身近な人であるほど傷が深く、時には何十年経っても恨みが消えないこともあります。

 

過去に起こった出来事は変えることはできません。

あなたがその時に負ったこころの傷もなかったことにはできません。

 

でも過去のあなたと現在のあなたは成長した分だけ違って、恨んでいる相手も過去と現在では変わっているはずです。

にもかかわらず、今現在も恨み続ける必要はあるでしょうか?

お互いに成長し、過去と現在でまったく同じ人間という人はいません。何かを経験し成長した分だけ個人差はあれど違います。

となると、あなたが恨んでいる人は今現在の世界には存在しません。

 

連絡を絶っている人なら特に、今現在どんな人に成長しているかはわかりませんよね。

人間は常に変化します。なにか大きな影響を受ける出来事があると、まるで別人のように変わる人もいます。

あなたが日々成長し変わっているのと同じで、相手も変わっています。

過去に囚われていても、もうその時とまったく同じ人は存在しないんです。

 

あんなひどいことをした人が変わるわけがない!と思う方もいるかもしれません。

一生許さない!と思う方もいるでしょう。

もちろんそれも自由です。恨み続ける人生を選択しても誰も文句を言う人はいません。

 

でも恨みが自分の人生のしあわせに繋がるのか?となると、少なくともしあわせになるためには手放した方が良さそうな感情ですよね。

人を恨んでいるけどしあわせいっぱい!という人はなかなかいないと思います。

 

いきなり許すことができないのは当たり前です。

まずは恨んでいる相手のことをなるべく考えないようにすること。

考えてしまってることに気づいたら、別のことを考えるように切り替える。

どうしても頭から離れないときは、仕事や家事や趣味などに没頭する。

考える時間を減らすことで、だんだんと記憶が薄れてきます。

人間の脳は何度も繰り返すことで記憶を定着させていきます。(かけ算の九九や英単語などはこの方法で覚えますよね)

そしてしばらく考えてないと思い出せなくなったり忘れてしまいます。

もちろん何かのきっかけで思い出すことはありますが、日常的に思い出して嫌な気分になることは少なくなってきます。

 

これをある程度の期間続けていると相手に対しての執着がなくなり、辛かったはずの出来事がある日突然どうでも良くなってしまうことがあります。

そうなったときが許すタイミングです。

「あのときは辛かったけど、もうどうでもいいや...あの出来事のおかげで自分も成長できた部分があったし...自分も未熟だったところがあったかも...」と思えるようになればもう大丈夫。

自分も相手も未熟なところがあったからだと認められると、相手を許せる気持ちになります。

自分は正しかったのに相手が間違っていた!という気持ちのままでは許すことはできません。

 

もちろんすべての出来事がこの方法で許せるわけではありません。

犯罪になるような、相手が100%悪い場合もあると思います。

自分だけでは気持ちがうまく処理できず、カウンセリングを受ける方もいます。

無理はしないでくださいね。

 

過去に刺さったままのこころのトゲを抜くことで、もやもやが消えて気分が晴れやかになります。

気持ちを軽くするための一つの方法として試してみてください。

 

 

人の期待に応えない勇気

f:id:cocorono_c:20201023095704j:plain 

 

こんにちは。

心理カウンセラーのココロノです。

 

人から期待されてプレッシャーになってしまうことってありますよね。

期待に応えたいという前向きな気持ちならいいのですが、期待に「応えなければならない」となると途端に苦しさが混ざってきます。

 

期待されるということは、相手はあなたならできると思っていて、あなたのことを評価して認めているということです。

特に相手が身近で親しい間柄であれば、なんとか期待に応えてあげたいという気持ちになりますよね。

 

でも相手はあなたを苦しめるために期待をしているわけではありません。

あなたならできると思っているから期待しています。

親や上司などの場合は、頑張ってほしいという気持ちから期待を口にすることもあると思います。

 

ただそれがプレッシャーになるようなら、「期待に応えない」という選択肢もあることを忘れないでください。

相手ががっかりするかも...

できない人だと思われたくない...

相手を喜ばせてあげたい...

優しい方ほど相手のことを考えて無理をしてでも期待に応えてしまうことがあります。

 

もし「期待に応えなかった」という理由であなたを悪くいう人がいたとしたら、その人は自己中心的な人です。あなた自身にがっかりしているのではなく、あなたが自分の思い通りにならなかったことに腹を立てています。自分の思い通りになると喜ぶでしょう。

こういう期待に応えていると、他人にとって都合の良い人生を送ることになってしまいます。

 

本当にあなた自身に期待してくれている人は、例えあなたが失敗して期待に応えられなかったとしても励ましの言葉をかけてくれるはずです。

次は頑張ろう!大丈夫だよ!と。

期待に応えず他の道を選んだとしても、あなたの意見や選択を尊重してくれるはずです。

 

期待に応えるべきか、勇気を出して期待に応えない選択をするかは、自分の人生を自分らしく生きるために考えなければいけません。

すべての期待に応える必要はなく、失敗しても認めてくれる人の期待にだけ応えればいいんです。それもあなたが本当にしたいと思ったときだけでいいです。

 

 

小さい子どもは自分でその判断をすることがまだ難しく、親の期待に一生懸命応えようとします。過度な期待をしてしまうと、その子の可能性を潰してしまうこともあります。

子どもが好きなことや夢中になっていることを親の都合で取り上げずに、見守ってあげることも時には大切です。

期待はこころの中に留めて直接伝えないことで、プレッシャーがかからずのびのびと成長できるということもあります。

 

まだ社会を知らない子どもの小さな世界の中では、親の期待というのは大きな影響力を持ちます。期待に応える以外の選択肢があるのかどうかは子どもにはわかりません。

「こうしてくれたらいいなと思ってるけど、どうするかはあなたが決められるんだよ」という選択肢を与えてあげてください。

逃げ道がないと、無理をしてしまう子もいます。

 

そして、自分で考えて選択し伝えるということを学べると将来の精神的な自立にも繋がります。

社会人になっても自分の意見を述べられない人がいますが、自分の頭で考えて結論を出し言葉で人に伝えるという経験が少なければそれも当然です。

子どものうちから小さな決断を本人に任せることで、自分の人生は自分で選んで決めていくんだ!という意識にも繋がります。

 

期待をプレッシャーは裏表の存在です。

うまく前向きなモチベーションとして使ったり、時には逃げたりと使い分けましょう。

すべての期待に応えなくて大丈夫です。

期待に応えない勇気を持ちましょう。

 

 

 

 

 

相手の良いところと自分の悪いところを比べない

f:id:cocorono_c:20201022131201j:plain

 

こんにちは。

心理カウンセラーのココロノです。

 

誰かと自分を比べて、落ち込んだことはありませんか?

あの人の方が自分より綺麗。

あの人の方が自分よりお金持ち。

あの人の方が自分より仕事ができる。

あの人の方が自分より認められている。

人と比べてしまうことで、自分が劣っているような気持ちになることがあります。

 

その原因の一つは、相手の良いところと自分の悪いところを比べている からです。

自分が自信のない部分を誰かと比べてしまうと、落ち込むのは当たり前ですよね。

 

例えば相手の良いところと自分の良いところを考えてみると...

・〇〇さんはとても仕事ができていつも優秀な成績を出している

・わたしは細かいことによく気がつく性格なので上司のアシスタントとして頼りにされている

 

・〇〇さんはとても料理が上手で凝った料理を作れる

・わたしは電子レンジを使った時短料理が得意!30分あれば○品作れる

 

これだとどちらが良いとは言えないですよね。どちらも良いです。

長所同士を比べると、必要以上に落ち込むことはありません。

 

自分は自分、人と比べる必要はないとわかっていてもついつい比較してしまうのが人間です。

比べないのが一番ですが、あなたにも良いところがあることを忘れてはいけません。

あなたも他の誰かから見れば羨ましいと思われる部分はたくさんあります。

 

できないことや苦手なこと、自信がないことに目を向けすぎずに、得意なことや褒められた経験があることを大事に考えましょう。

 

どんな人もそれぞれ長所と短所があり、悩みがない人なんていません。

完璧に見える人にも必ず苦手なことはあります。

 

誰かに劣等感を感じてしまった時は、 相手の良いところと自分の悪いところを比べていないか確認してみてください。

 

 

 

 

与えて与えて与えることでしあわせになる

f:id:cocorono_c:20201020134134j:plain

 

こんにちは。

心理カウンセラーのココロノです。

 

人に何かをしてあげた時、ついつい見返りを求めてしまってはいませんか?

優しくしてあげたら、優しくしてもらえる。

助けてあげたら、助けてもらえる。

プレゼントしたら、プレゼントしてもらえる。

 

お返しをするのは当たり前!と思う方もいるかもしれませんが、どういう形でお返しをするかは相手が決めることです。

昔からの一般的な夫婦で例えると、男性は仕事でお金を稼ぐ、女性は料理など家事をするという風習がありますよね。

(今ではいろんな家庭の形があり、女性も働いたり、男性が積極的に育児を手伝ったりもしますがそれは一旦置いておいて...例え話として読んでくださいね)

女性が料理を作ったから、男性もお返しに料理を作る、ということはなかなかないと思いますし、そうなってしまったら働く人がいなくなってしまいます。

同じ行動で返す必要はないですよね。

 

同じことをしてもらうことを望むと、相手が思い通りの行動をしない時に自分がストレスを感じてしまいます。

 

相手が自分に「同じ優しさ」で返してくれるかどうかは相手の判断です。

「今度ランチでもご馳走しよう」と思うかもしれないし、「いつか困っている時は必ず助けてあげよう」と思うかもしれません。

パートナーであれば、「絶対に一生しあわせにしてあげよう」とか「ラクな暮らしをさせてあげるために仕事を頑張ろう」とこころの中で誓っているかもしれません。

それなのに、同様の見返りを期待することで自分がストレスを感じたりイライラしてしまうのはもったいないですよね。

 

例えば料理を作った時に、一生懸命作った料理を褒めてほしい、その場でおいしいと言ってほしいという気持ちはすごくよくわかります。

わたしも昔これが原因でパートナーと喧嘩したこともあります。

でもお返しが自分の思った通りにすぐに返ってくるとは限らないんですよね。

 

そして相手が「優しくしてもらった」と感じているかどうかは相手の受け取り方。

家族やパートナーなど親しい間柄の場合に起こりがちですが、相手が「当たり前」と感じていたり、「好きでやっているんだろう」と感じていることもあります。

 

「〇〇してあげた」と考えてしまうと、何かを返してもらわないと損した気分になってしまいます。

相手を変えるよりも自分の考え方を変えて、「〇〇することを自分は選んだ」と思ってみてください。

優しくすることも優しくしないことも選べたけど、自分の意思で優しくすることを選んだ!えらい!と自分を褒めてください。

 

自分以外の誰かに期待してしまうことでストレスが生まれてしまうことはよくあります。

相手がどうするかは相手の問題だと思ったうえで、自分がどうするかを選択してください。

こうすれば相手は〇〇するはずだ、という予想や期待をせずに、反応は相手に任せてみましょう。

 

こういう生活を続けていると、(スピリチュアルっぽくなってしまいますが)運が巡ってくるようなラッキーな出来事が多く起こります。

自分が人に与えた優しさは、直接その相手からではなくいろんな所から返ってくるんだと実感できるようになります。

見返りを期待せず人に与え続けることで、必ず未来の自分に誰かから優しさが返ってくるので、人に優しくできる自分を褒めながら気長に待ってみてください。

 

 

自分のために人生を設計する

f:id:cocorono_c:20201020112348j:plain

 

こんにちは。

心理カウンセラーのココロノです。

 

うつ状態になるきっかけは様々ですが

・仕事を頑張っていた人が定年退職

・子どものために尽くしていたのに子どもが結婚、独り立ち

・大好きだった人とのお別れ

などがあります。

 

仕事がすべて、子どもがすべて、パートナーがすべて、になってしまっていることも原因の一つです。

ただ、これは決して悪いことではありません

家族のために仕事を頑張り、大切に子どもを育て、大好きな人に喜んでもらいたくて努力する...素晴らしいことだと思います。誰にでもできることではありません。

 

人生の中で、自分で自分を大切にする時間も作ってみてください。

・趣味がある方は、短い時間でもいいので自分1人で楽しむ時間を作る

・たまには自分のために奮発しておいしいランチを食べに行く

・ゆっくりコーヒーを飲みながら読書する

など何でもいいです。

 

小さなお子様がいる方はなかなか時間を取るのが難しいかもしれませんが、コンビニで好きなお菓子を買って1人でこっそり食べるなど...ほんの小さなことでも構いません。

「1人で」というのがポイントです。優しい方ほど自分だけがいい思いをすることに罪悪感を抱きがちですが、家族を大事にする時間と自分を大事にする時間の両方を大切にしてください。

 

1つのことに自分のすべてを捧げてしまうのではなく、他のことを考えずに自分自身だけを大事にすることも忘れないでほしいんです。

自分で自分を大事にできないと、他人から自分を大事にしてもらうよう期待してしまうこともあります。

・職場で認められたい

・子どもから大事にされたい

・パートナーから優しくされたい

など、相手に期待してしまうと、思う通りに行かずにストレスになってしまう場合があります。

反対に、自分の欲求を自分で満たせるようになるとラクに生きられます。

誰かに認められたい、優しくされたい、と思ったら、まずは頑張っている自分を認めて自分に優しくしてみてください。

 

夜眠る前に、今日は自分のために何をしてあげたか考えてみてください。毎日できなくても、無理せずできる日だけで大丈夫です。

 

10年後や20年後にどんな人生を送っていたいか考えて、何か新しいことを始めるのも素敵です。

子育てを終えて、50代から1人旅を始めた女性もいましたし、「ギターが弾けるロックなじいさんになりたい!」という夢を持ち、50代半ばからギターを習い始めた方もいらっしゃいました。

 日々の生活が忙しくて仕事や家事に追われていても、たまに自分の人生を客観的に見て未来を設計してみてください。

 

自分の人生は自分にしか設計できません。

自分を犠牲にするほど1つのことに集中して尽くしてしまうと、それがなくなった時にこころに大きな穴が空いてしまうことがあります。

虚無感を感じたり、自分が誰にも必要とされていないような感覚に落ち入ったり...

そうならないための予防策として、日頃から自分の人生を大切に考え、自分で自分を楽しませることに慣れておきましょう。