ココロノ

心理学による穏やかな暮らし

褒められたときに「否定」していませんか?

f:id:cocorono_c:20201027090035j:plain

 

こんにちは。

心理カウンセラーのココロノです。

 

他人から褒められたとき、謙遜しているつもりで「否定」していませんか?

 

素敵だなと思った方に「素敵ですね」と褒め言葉を伝えても、「全然そんなことないです!」と全力で否定する方がいます。

否定と謙遜は違います。

褒められたことを否定するのが謙遜ではありません。

素直にお礼を言ったり、「そんなふうに言ってもらえて嬉しい」と謙虚に伝えたりしても大丈夫なんです。

 

例えば皇后さまのような日本の文化もマナーも知りつくしている方ならどうするか想像してみてください。

おそらく一般的な褒め言葉に対しては「ありがとうございます」と謙虚にお応えになるのではないでしょうか。

「そんなことないです」と相手の言葉を否定されるでしょうか。

正しく謙遜するということが大事です。

 

自分に自信がない方ほど否定してしまうことが多いように感じます。

褒め言葉を素直に受け入れることで、自分の自信にも繋がります。

せっかく褒めてもらえたのに、わざわざ否定する必要はありません。

 

相手の方の立場を考えてみても、否定されることは嬉しくありません。

「素敵ですね」と褒めたのに、「そんなことない!」と否定されたら、そのあと返す言葉がないですよね。

相手側から見れば「素敵だと思ったから伝えたのに否定された」状態です。

あなたが褒める側だった場合、どんな反応が返ってきたら嬉しいですか?

「ありがとうございます」とか、「嬉しいです」と照れながらも言ってくれた方が嬉しくないでしょうか。

 

もちろんお世辞や社交辞令で褒める場合もあります。

お世辞なのにお礼を言うのはちょっと恥ずかしい...調子に乗ってるように思われそう...と思うこともありますよね。

そういうときは「お世辞でも嬉しいです、ありがとうございます」と伝えましょう。

お世辞だからすべて否定しなければいけないというわけではありません。

お世辞だと言うことはわかっている、でも褒め言葉をいただけたことは嬉しい、という風に伝えれば、イヤな印象を与えずにお礼を伝えられます。

 

日本人は、謙虚であることが美徳と考えます。

控えめな奥ゆかしさを大切にする素晴らしい文化だと思います。

それは自己否定することや、相手の言ったことを否定することとは違いますよね。

謙遜・謙虚と、否定を混ぜこぜにしないようにしましょう。

 

自分で自分を否定してしまうと、自覚がなくてもこころが落ち込みます。

否定することが癖になり日常的になってしまうと、知らず知らずのうちにこころにダメージが溜まってしまうんです。

そうやって少しずつ溜まったダメージが表に出てくると、「なんかわからないけど落ち込む」ような症状になることがあります。

原因がわからずに気分が落ち込んでしまうことはありませんか?

もしあるなら、無意識のうちにこころがダメージを受けている可能性があります。

普段使っている言葉、話し方、人との対話の中で、自分を否定するような癖がついてしまっていないか振り返ってみてください。

 

すぐに変えるのは難しいと思います。

人前で褒められたことを受け入れられなかった場合には、家に帰ってから(または1人になれる環境で)思いっきり褒め言葉を受け入れて喜んでください。

褒められたら嬉しくて喜ぶという素直な感情を大切にしてください。