ココロノ

心理学による穏やかな暮らし

人は誰でも仮面をつけて生きている

f:id:cocorono_c:20201028103248j:plain

 

こんにちは。

心理カウンセラーのココロノです。

 

「ペルソナ」という言葉を聞いたことはありますか?

心理学では、集団の中で自分の役割のためにかぶる仮面のことをペルソナと言います。

 

例えば、職場でしっかり者に見せるためや、家庭の中で良い父・良い母だと見せたい時に、本来の自分とは違う役割を演じることがありますよね。

これは誰でもしていることです。

特に職場ではほとんどの人が仮面をかぶっているでしょう。

疲れていても、納得がいかないことがあっても、職場で自分自身の感情を100%表に出すことは少ないと思います。

 

この仮面をかぶるという行為自体は、決して悪いことではありません。

誰でもかぶっているものであり、自分でも仮面をかぶっていることを自覚しています。

 

ただ、仮面の中には自分の個性に合わない仮面もあり、それを他人から押し付けられることもあります。

「母親なんだから〇〇しろ」

「子どもは〇〇するべき」

「お兄ちゃん/お姉ちゃんなんだから〇〇しなさい」

「男は〇〇してはいけない」

「女なんだから〇〇くらいしろ」

というようなものです。

みなさんも1度はこのようなことを言われたことがあるのではないでしょうか?

 

この人から押し付けられた仮面を無理にかぶろうとするとストレスが発生します。

本当の自分とかけ離れた人物像を演じることになってしまうからです。

このような無理にかぶった仮面のせいでこころの病気になってしまう方も多いです。

 

他にも、自分の意思でかぶった仮面を脱げなくなってしまう方もいます。

「しっかりした人でいなければ」

「優しい人でいなければ」

と仮面をかぶり、自分の本当の姿を誰の前でも見せることができなくなってしまいます。

会社ではしっかり者を演じていても、家に帰ったら仮面を外して本来の自分に戻る時間が必要です。

 

会社では優しい上司を演じ、家庭でも優しい親を演じ、友達関係でも優しい人を演じているということはありませんか?

本当の自分は言いたいことをはっきり言うタイプなのに、常に我慢して優しく接しているということはないでしょうか?

それがストレスでなければ問題ないのですが、普段毒舌な人が優しい人を演じるというように本来の性格とかけ離れた仮面をかぶると大きなストレスが生じる場合があるので気を付けましょう。

 

 

子どもの場合は特に注意が必要です。

無意識に「親に心配をかけない良い子」の仮面をかぶらされてしまい、無意識にストレスが溜まり限度を超えてしまう場合があります。

子どもはストレスを自覚できないことも多いです。

 

大人が仮面をかぶるときはたいてい自分の判断で「ここではこういう役割を演じた方がいいな」と感じた時です。

子どもは自分で仮面をかぶることを自覚しているとは限りません。

「お母さんの前では良い子のフリをしてよう。いなくなったらこっそりイタズラしよう...」と仮面を外す切り替えができる子もいれば、「自分は良い子でなければいけない」と思って無理をしてしまう子もいます。

 

子どものこころはとても純粋で繊細です。

例え親でも子どものこころをすべて理解することは困難です。心理学者やカウンセラーであってもこころのすべては理解できません。

 

「お兄ちゃん/お姉ちゃんなんだから〇〇しなさい」と日常的に言ってしまうと、常にそうしなければいけないと思ってしまう子もいます。

大人になってもそれを引きずってしまうことも少なくありません。自分の気持ちを言わずに我慢することに慣れてしまい、社会でもストレスを溜めやすくなります。

弟や妹によって相手のわがままには「我慢する」という癖がついているからです。

時には相手の意見に反論することも必要ですし、相手が悪い場合はすべてを我慢して受け入れる必要はありません。

兄ちゃん/お姉ちゃんだから我慢しなければいけないというのは、子どもにとっては理不尽な理由です。何が悪かったのか、なぜ我慢する必要があるのかをしっかり説明してあげてください。

兄弟ゲンカを止めたいという親の都合で子どもに仮面をかぶらせないようにしましょう。

 

 

自分が仮面をかぶっていることを自覚すること、仮面を外す時間をしっかりつくることが大切です。

本来の自分がわからなくなってしまったり、無意識に仮面をかぶり続けていたりすると、こころにも悪い影響を与え病気になってしまうこともあります。

たまには自分自身を100%出せる環境をつくってリフレッシュしてください。

 

 

 

 今回参考にした、ペルソナについてわかりやすく書かれている本です。

こころのタイプや人の性格、コンプレックスなどについても書かれています。